某誌NEWSにほぼ?受理2016/04/09 03:14

短いサケ稚魚原稿についての査読結果が返却されてきました。微修正して(といっても一日かかりきりになりましたが、、、)担当編集委員に戻して、OK原稿になったとのこと。ほっ。

Success2016/03/28 18:52

先日の面接結果は「採択」ということで連絡がきました。

がんばらねば、ガンバラネバ。

サケ稚魚2016/03/15 06:06

記者発表があり対応でバタバタ、、、

まあ魚雑へ投稿もできたので仕事的には良しとします。

今年の目標は「Push&Publish」

=データをため込まない。わかったことはどんどん出す。では、永らく出ていないものはどうするか、新しいものから片づけてゆくという方針で。

千曲川のワンドを覗いてみる2015/06/16 21:19

コクチバスだらけの千曲川中流であるが、在来種への影響はいかに? 直接的なインターラクションを見ることはできないだろうか、、、と思って透明度の高い水域を探してみる。

本流は白濁りがあり30cm先は見えない。では湧水のあるワンドはどうだろうか?その流れ出しなら可能性があるのではないか、、、

坂城のワンド、秋にサンプリングした記録では、コクチバス、ウグイなどが捕獲されていたが、、、本日もぐってみたところ

■坂城小ワンド:水温16度と冷たかった。ナマズ、ウグイ、オイカワいるが、バスはいない。ナマズ30~40cmTLのペアがいた!

■坂城大ワンド:ギル、ゲンゴロウブナ、モツゴがいるが、バスはいない。

■上山田のワンド:上のほうは、ウグイの群れ。下の本流接続部のそばに、いずれも当歳~1歳のチビではあるが、ウグイ、オオクチ、コクチのいる小水域を発見。淵のそばの巻き返しEddie。

観察していると、一番大きな(というても7cmTLほど)が良い場所を占めて、ウグイとコクチが周辺部。コクチ(当歳魚)は定位。ウグイは定位個体と群れている個体がいる。えさ食い、定位、攻撃行動なども見られた。

データ取れそうだけど、こんな小さな出来事に意味はあるのかな?とぼんやり見ているうちに夕立、雷雨となって退散。

もうちょい大きいサイズの個体を観察できる良い場所はないかな?明日さらに探索してみよう。

Writing a lotを発注2015/04/14 16:20

できる研究者の論文量産技術、、、という本が出版された。ので早速発注ダン。

できる研究者に今さらなれると思っているわけではなく、、、人並みの、、ほどほどの、、を目指します。

サーマルサイクラー故障につき2014/11/20 05:06

ABIサーマルサイクラー

欲しい、、、カネ、カネ。

小田原学会2014/11/19 05:12

この歳にして居場所がなかった、、、

いよいよ刺激入った(はず、、、)。

宮崎へ2013/10/03 11:22

羽田に到着。ひまなのでラウンジにてブログにアクセスするが、携帯版って写真をアップできないのかな?

受理♪2013/06/24 13:02

某ジャーナルに投稿していた論文がようやくアクセプトされました。
ようやく、、、ひとつホッ

さあ、次もゆくよ~

科学は批判によって磨かれる。←って、それほどの内容じゃないけどね・・・・・

とにかく提出しました2013/04/13 03:10

何年もかかって、、、、昨日ようやくひとつ投稿いたしました。最近はOnlineなので最後は早いもんです。

Too lateは重々承知のうえ、Never too, too lateと信じたい。

さあ、次はアレに取り掛かろう。