佐久強歩2016リザルト2016/04/25 23:04

佐久強歩リザルト2016
第49回大会のリザルトです。参考まで。

佐久市強歩大会 (報告)2016/04/24 20:44

2位なんて滅多にない順位をいただき光栄。しかし結果を見ると1位とは10分差(結構ありますが、、)野辺山までの薄のぼりで歩き、小海以降のはてしない国道でだらだら歩いてしまったことを考えると、もう少し気合を入れればTOPも狙えたのではないか、、あとのまつりですが。

【日時】 2016年4月23日(土) 21時に韮崎スタート

【レース】 第49回 佐久市強歩大会 78km
  韮崎~高根市(清里)~野辺山~佐久市総合体育館

【記録】 8時間8分20秒 【総合順位】 驚きの2位(参加者は約千人)

【天候】 くもり~小雨、気温は高め、でも最高1360?mでは雨降り寒かった

【装備】 黒ショートパンツ(カレンジ)、TNF神流Tシャツ、ザムストカーフ、Finetrackアーム、DRYMAXソックス、シューズ(白アシックスジール)、サロモン14Lトレランパック、ライト:BDストーム、予備にペツルeLite、配給された、蛍光緑キャップ(参加賞?)&蛍光反射タスキ(ゴール後回収)、ボトルに水500ml、補給食ジェルは不携帯でスタート。ザックには防寒ゴアジャケット、長パンツ、ゴール後の着替えなど入れて。全2~3?㎏。

■レースまで

前日は飲み会明けで、、、16時05分発JR中央線で韮崎19時ごろ(2590円)、途中でトレッキングポール&リュック姿の人がたくさん乗ってきたのでノルディックウォークの大会でもあったのかな?と思ったら強歩の参加者だったw。とりあえず駅から徒歩10分ほどの韮崎小学校で受付。はじめての大会参加で勝手がわからず、知り合いを待つ。ほどなくマツモトさん、ミヤザワ先生、シノハラさん、ヒロノブくんなどと合流。スタート40?分前からグランドに並ぶ。予報では雨であったがとりあえず雨は落ちておらず、気温も高めで、待つのは苦にならなかった。セキさんも合流。地元キャラクター?の地元キャラ着ぐるみも登場。


■レース

佐久市長さんの合図、3列目でスタート。ここから町中を抜けてしばらくは赤い棒ライトを持った先導者ペアに従って(追い越さないように)歩く。ただし、のんびり歩きではなく相当な早歩き。昨年の経験者、ヒロノブ君とシノハラさんは先導者の背後をキープ、さすが。。自分は遠慮して10列目くらい、、と思っていると歩道が狭くなったり、信号につかまっている間に後続が前に前になだれ込んで、どんどん後退、、、、足元も見ずらくストレスを感じる区間である。ときどきコンビニや自動販売機があると、そちらに流れて選手も見える。

それでも先頭が見える位置をキープしながら16km地点「北杜市高根保健センター」に到着。歩道に大きく○の白ペイントがあったと思う。ここから先導者は外れてフリー区間となる、このとき23:20くらい

一人が素早く飛び出してゆく。こちら第二集団あたり、最初はヒロノブ君とSN原さんの後につけるが、そのうちヒロノブ君は先行して、逆にSN原さんは靴紐を結びなおしている間に後退。。。自分は10位くらいの位置で進む、周囲には2~3人のランナー。後ろを振り返ると、たくさんの明るいライト、、、

要所の交差点には交通整理員が配置されているし、迷いそうな曲がり角には白ペンキで矢印で進行方向(Xで進入禁止)が示されているので地図を見なくてもだいじょうぶ。

大門ダムのところで、並走してくる赤キャップのランナーの咳払いが煩わしく感じてわざとペースダウン、ちょうどトイレ(軽トラに積んだ移動トイレ)を見つけたので寄ってたら、前後に人はなく単独走になってしまった。それでも後続にはヘッドライトのあかりが続く。

国道のガソリンスタンド自販機でスポドリ500mlを購入。久しぶりに甘いものを口にできてうれしい。

12:32くらい?:国道の薄のぼりを進んでくると、久しぶりにセブンが出てきたので、菓子パン2個を購入。そしたらちょうどS原さんともう一人が対岸を通過。「マイペースで行きましょう」と声かけてもらう。

そうは言っても一緒に進むランナーがいると張り合いがあるので、菓子パンをかじりつつなんとかお二人に追いついてしばらく進む。「この先の野辺山最高地点を越えれば、あとは下り基調」とのアドバイスをいただく。

01:09:野辺山のエイド(今回使った唯一のエイド)で温かいレモンティーをいただく。「やっぱ短パンが来た」と言われる。トイレがあり、たき火が焚かれていた。少し食べるものがあればいいのだけどまったく無し。レモンティーが熱いので水で薄めて素早く通過。

出発するときS原さんはトイレへ。もう一人の方は背後に。しばらく話をしながら並走、「寒いですね」「もう最高地点ですかね」とか、お互い初参加でコース不案内。

野辺山名物のサイレージ牛が出てきて、JR最高地点を通過したと思う。残りは約40km、フルマラソン1本分である。

小海までの約20kmはほぼ下り、国道141号の歩道を進む。草が茂ったり、細かったり荒れた箇所もあった。雨でシューズは濡れたが、標高が下がって寒さは感じなくなった。

JR海ノ口駅そばの南牧村役場エイド(オープンしてない)が残り30km、小海のはずれのセブンで前を走るランナーに追いついた。「残り25kmくらいですか」「このペースなら6時くらいにゴールできますか」と聞くと「そうだね」とそっけない答えをいただく。いい感じのピッチ走法で走っている(←ゴールしてみたら、この方連続30回の踏破者、今回は優勝を狙っていたんだけどなーと話しておりました)。しばらく並走したあとに、気が付くと自分が先行していた。

小海町農産物加工販売所(ゴールまで23?km)もエイドであるが誰もいない、何も置いていない。チェックポイント(誰もいない)の小海役場、JA八千穂支所(残り15km)も通過したらしい、、

途中の自動販売機でスポドリを購入。後ろを見ても誰もいなくなった、あれさっきのランナーはどうしたのかな?先にも誰もみえず。追われない気安さでついつい薄のぼりで歩いてしまう。

朝4時を過ぎて周囲も明るくなってきた。佐久市に入って、このあたりは車で何度か通過したし、昨年の川の道でヨシちゃんの伴走をしたところ、、でもこんなに長かったかな。そろそろ右手前方に大きな佐久合同庁舎が見えてもいいころだが、なかなか見えない。残りの距離を調べようとプリントアウトしてきたコース図を胸ポケットから出してみたが、雨と汗でぐっちょりボロボロでワケわかんなくなっておりました、

そのうち左に、セブンが出現。ここで初コーラ500ml。美味しかったが、半分残して走ったら、その後噴き出してワヤになりましたw。

野沢西交差点から国道を右折。ここが残り5kmだが、まだ残り10kmくらいかと思っていた。見覚えのある野沢北高を通過。千曲川を渡って中込の交差点につくと、ちょうど配置について係員さんがいたので「ごくろうさま、残りは8kmくらいですか?」と聞いたら、「あと2キロちょっとだよ!」「えっ!歩いている場合じゃないですね」と、そこから走り出す。薄のぼりはちょびっと歩いてしまったが。

線路を横切って、長い直線道路の先、ひょっとして行きすぎたかな?と思ったころ右手にようやくゴール「佐久市総合体育館」が見えました。建物のなかにゴール。「6時に間に合ってよかった」

■レース後、反省など

ゼッケン裏のチップ、蛍光タスキを外してもらって、体育館のなかに入ると地元ケーブルTVのカメラ&取材?何かな?と思って先着の人と話しをすると、なんとその方が1位。「あなたは2着ですよ」と言われてびっくり。じゃあ、あのシートに横たわっている人たちは?「あればリタイアした人」「もう少しで追いつかれるところだった」とのこと。タイム差は10分だったけど、終盤諦めずに走れば追いついたかもしれないと、温かい麦茶を飲みながら、今更思った。

(おわり)

長野マラソン (伴走)2016/04/19 05:54

強風、雨、強い太陽、目まぐるしく変わる天候に翻弄されながら、長野マラソンの伴走をつとめました。結果は、自己ベストにはほど遠く、やや失速でしたが、ブラインドB1クラスで3位に滑り込むことができました。

■日時 2016年4月17日(日) 8:30スタート
■天気 強風、くもり、雨、さいごに強い日差し
■装備 ターサージール?(白)、ナイキランパン、高嶺走友会Tシャツ、アディダスサングラス、サロモンキリアンウェスト、市販100円ジェル(SEIYUマスカット味)

■LAP
測定ポイントスプリットラップ通過時刻
Start00:02:24 08:32:24
5k00:30:160:27:5209:00:16
10k00:56:410:26:2509:26:41
15k01:22:220:25:4109:52:22
20k01:48:430:26:2110:18:43
21.0975k01:54:30 10:24:30
25k02:15:090:26:2610:45:09
30k02:42:330:27:2411:12:33
35k03:09:310:26:5811:39:31
40k03:36:160:26:4512:06:16
Finsh03:48:580:12:4212:18:58

■レースまで
前日は16~18時ごろまでが受付当番。東京バンバンのマーキュリー&ヨウイチさん、オビシン&なると、それから名古屋から参戦のジョージ君&サワハラさん、奥様2人、、この方たちを受付会場のビッグハットから三才のサンアップルまで送り、そして夕食を共にする、、というミッション。時間の調整などがうまくゆかず、、やや消耗。

当日朝もなにかと忙しかった。サンアップルからの足がないというので、朝6:15にお迎えに行き、おびしん、マーキュリーを東和田に送り、いったん自宅に戻って最終準備。
朝7:15にスタート会場に到着したがキグレさんは未着。ひょっとして、と思ってRCの集合場所のサブトラに行ったが不在で。すれ違いが重なって、キグレさんと合流できたのは8:10。急いでスタートEブロックに向かうが最後尾あたりで待機。

■レース
Eブロックだったのでスタートロスは約2分半。混雑しているので無理せずゆっくり入る。宿舎前でH中さん、H田さんの同僚、うちの家族の応援あり。

5kmくらいで左足かかとに靴擦れのような違和感、、先が思いやられる。風は集団走のおかげか、意外に気にならない。イトーヨーカ堂前でキグレさんのかぶっていたビニールを脱がせる。

結婚式場すぎてシカオさんに抜かれる。中央通りを気持ちよく下りるところヤギュウくんが後方から抜いて行く。いずれもエール交換。8kmほどの跨線橋でくろえさんが愛娘&だんなさんと応援。

母袋交差点をすぎてしばらく行くと、右手にパンチボールのマスター。「次はマキバの・・」とか言ってました、、

サンマリーンのところはコース変更だったが走りやすくなったような、、、給水は前半から採るように心がける。しかしMウェーブは右側にエイドがあって取れず。五輪大橋に上がるところが向かい風で押し戻される。

中間点は1:54:30で、予定よりすいぶん遅いが、、、

キノコのホクトに向かうところではやはり向かい風で、だが折り返したら追い風、、出し切らないように走る。パンチボールマスターの応援あり(ちょっとご挨拶できず、、)。

ホワイトリンクのところもエイドが右側で取れず。堤防に上がったら向かい風。ここで見覚えのある後ろ姿、赤いカーフを付けたマッチでした。「気持ち悪い」「ハンガーノックじゃないね、、まずはペース落としてリセットかな・・・」と声を交わして先行。鉄工所S井さんが脚立撮影中。声かけて。関崎橋を渡ったら雨が降ってきて、寒い。ビニールを捨てなければよかったか、、

30kmすぎてフタコブラクダ。追い越し基調だが人がそれなりに多くて走りにくい。松代SAあたりで家族の応援あり。緊急時にジェルを託していたが不要、まだ手持ちがあったのでOK。このあたりでN山さんを発見。声掛け。

堤防にもどって赤坂橋、Theカナディアンクラブのトラック前を通過、そしてQちゃんとハイタッチ(これはもちろんK暮さんね)。岩野橋までは向かい風で。橋を渡ったら追い風、前方にブラインドランナーA藤さん&セキネさんが見えたので「追いつきましょう」とはっぱをかける(←これがいけなかった)

日差しが出てきて暑くなる。キグレさんの顎が上がってかなり苦しそう(←こういうとき、「アゴ下げて!」というが直らず「次は腕振って・・・」というが改善せず、、、どういう助言をすればいいのかな?)。ご自分で持ってきたパワージェル(カフェイン入り)を補給するが、、効果なし? それでも37kmあたりでセキネさんチームをパス、このままぶっちぎりたいが、、、いっぱいか?、、。

ようやく堤防道路をおりて最後の直線。ここでトシちゃんを発見。行きましょう!と声かける。しかしこちらもペースは上がらず、うしろからセキネさんの声が近づいてくる。「腕を振って!」必死の逃げをうたないといけないのだけど、キグレさんをつなぐロープが象のように重い。自分も無理な体勢でひっぱり続けたせいか右脚太もも付け根が痙攣しそうなw、、、

40km地点、ついに抜かれる。。それでもあきらめず80mほどの距離でスタジアムへ、、なんとかゴール。精根尽き果てた伴走コンビ、、けれど、クラス3位の札をかけてもらって安堵。ふと見上げると、くろえさんがスタジアムの上から声をかけてくれた。

(終わり)

腰痛2016/04/13 04:57

月曜日、とあるサンショウウオ調査に参加して、柏崎まで約2時間の下道ドライブ。T田さんのトヨタの小型四駆。助手席でシートポジションが窮屈だったせいか、腰が重くなっております。少し走って週末の大会までにはリセットしたい。

0.69km3周×3本2016/04/11 06:47

朝7時からRC練習会でレペトレ。

7:46-(レスト10:20)-7:40-(8:36)-7:36

周平均だと2:35~2:32あたり、Tキさんに続いて走れたのでよしとします。

桜が満開、きれいでした。

ツールド上田 (撃沈)2016/04/04 23:21


ツールド上田

ツールド上田「上田市周辺の里山をめぐる旅:距離40km累積標高差3000m」に参加してきました。地図を持ちながら進んだのでロストはしませんでしたが、子檀岳の登りで脚が終わり、夫神山では両脚痙攣で歩くこともままならず、木の枝を杖にしてよろよろ歩く。後続にどんどん抜かれながら予定の3時より1時間半も遅れてなんとかゴールに到着いたしました。こんな酷い状態になったのは、最近では香港トレイル(リタイヤ)以来かな。敗因は、タフなコースに加えて、汗を大量にかいて体内の塩類を失ったこと、、やはり垂直方向の練習をしないといけませんな。スタッフのみなさま、選手各位、お世話になりました。

日時 2016年4月3日(日) 上田駅前を8:30スタート 天候 晴れ曇り

コース: 第1セクション太郎山~第2セクション城山~室賀温泉エイド~第3セクション子檀岳~自販機エイド~第4セクション夫神山~下山して別所温泉ゴール「あいそめの湯」

記録 8時間ちょい(憶えているタイム:太郎山9:25?、18号セブン前10:12、川と道の駅10:30?、、全然憶えておりません)

8の字×7周2016/04/02 09:15

RC練習会、朝7時から東和田8の字コース、6周かと思ったら7周走っていましたw

6:48-6:41-6:41-6:40-6:38-6:29-6:28 = 46:27(11.2km キロ4:08)

みなさんは2週間後の長野マラソンに向けたHalf~30km走でした、10周くらいと思っていたけどいつもの中途半端なドロップで。

テニスコースが中学生の大会で朝から混雑、晴れ、南?風がやや強く、気温は適度な低め、、

30人ほど大勢が参加、新人快速NKJ君にも会えました。

皇居×4周2016/03/25 23:58

重要な面接審査の日で上京。ですが、板橋City以降はちゃんと走れていないのでAdidas Runbase(利用料金600円)からスタート。

24:03-22:53-22:43-21:52 =1:31:32 (20km, キロ4:35)

朝の冷え込みが残る中で気候は良かったのに、がんばってもペースは上がらずでした。

その後は、1月と同様に○○へ行って、チームによるプレゼン→厳しい質疑/応答、、、なんとかうまくやりとり出来たのではないか、、今度こそ「果報は寝て待て・・」です。

なお、先日のエントリー合戦は無事に通過。7月の「富士登山競走」では自己ベストを目指せるように準備しましょう。

板橋Cityマラソン(完走記)2016/03/23 00:02


朝は曇って、、板橋M

【大会】 板橋Cityマラソン
【日時】 2016年3月20日(日)スタート9:00 天候 くもり後はれ、風強め
【記録】 2:58:02(ネット2:57:46)
【装備】 RCのランシャツ(白青)、ランパン(青)、X-socks、ザムストのカーフ&アーム、PinInジェル2個、Adidasサングラス、シューズはAdizero Takumi Ren (2戦目)

■レースまで

長野始発の新幹線あさま6:02発で大宮まで(えきねっとで指定席30%オフ:4510円也)。なんとすぐそばの席にRCのTキさんを発見。大宮からはTキさんと一緒に埼京線で浮間舟渡7:45くらい。駅はすでにランナーでごった返す。さっさと会場に行きたいところですが、さしあたっての問題は私が持ってきたスーツケース。これはマラソンとまったく関係ないので、コインロッカーに預けてしまいたいのだが、駅員に聞いてもその場所を教えてくれない、「もういっぱいだから無理だよ」の一点張り、警備員に聞いてもわからないとのこと。もー、仕方ないので会場まで引きずってゆくかと覚悟を決めたところ、Tキさんが見つけてくれました。出口の反対側にひっそりとあるコインロッカー。見れば約20?個のうち数個は空きがあるじゃあありませんか。駅員を怒鳴りつけたい気持ち、、よりは、無事に邪魔なスーツケースを押し込んだ安堵感で(ロッカー代金400円)、心軽く会場に向かいました。

駅のロッカー

トミケンさんは先に会場入りしているとのことでしたが、結局お会いできず。会場到着が8:05くらい?いったんトイレ(スタートブロックのやや上流を狙ったら待ち時間ゼロで入れました)、そして荷物預けブースの前方で着替え、菓子パン補給して、荷物を預け、ここで8:30くらい。スタートブロックBに行くと、すでに15?列くらいですが、まずまずの位置をキープしてTキさんとスタートを待ちました。天気予報では気温13~16℃と暖かいはずが風があるせいかどちらかというとかなり肌寒い。ゲストは土佐玲子さんと日体大の現役選手。風が上流から下流に向かって強く吹いている、「向かい風に負けずにがんばって。追い風もあるので」との土佐さんからのメッセージでした。荒川区長のピストルでスタート。

■レース スタートロスは16秒

ロスはほぼ予定通り。混雑で自分のペースで走れないけれど落ち着いて入るのが大事。それでも1km通過が4:35、2kmが8:45?あたりでキロ4分ちょっとのサブスリーペースに乗ってくる。伊那のカマクラさんがいたので挨拶。先月インフルに罹ったことなど雑談して「がんばりましょう」と先行。

5km 20:59 (この5km 20:43)

水門のところが5kmでサブスリーペースをクリアしていることを確認。そろそろ自分のペースにあったランナーと集団ができ始めているはずが、後ろからDブロック、Eブロックスタートのランナーがどんどん追い越してゆくので、なにやら落ち着かないまま、周囲のランナーの出入りも多いまま。そのうち知り合いのマットさんを発見、一瞬並走してご挨拶とアイコンタクト。本当はペースをお借りして距離を稼げればいいのだけど、今日の私は前半から攻めの走り。追い風だし行けるところまでキロ4+で行ってみよう。練習の裏付けもないのに。

10km 40:59 (この5km 20:00)

堤防へあがる上り坂の途中が10km。スピードダウンしたはずがちょうどキロ4で驚く。といっても背中からの追い風なので体感ラクを優先してこのまま進む。

15km 1:01:17 (この5km 20:18)

女性ランナーに追いつく。「女子3位だ」とか言われている。ピッチ走法の小柄な女性とポニーテールの長身の女性。長身のほうの方に付いて、しばしペースをお借りする。右前方にスカイツリーが見える。周囲のランナーに「スカイツリーだよ」と教えてあげたい衝動もあったりして、ここは自分的には余裕があったと思う。だが、そのうち100mほどの未舗装区間が出てくるとややスピードが鈍ってきたような感じ。このあたりでは力走タイプの同世代?ランナーと黒ウェアの元気のよい若いランナーと並走。

20km 1:21:48 (この5km 20:30)

対向走路を行くランナーが増えてくると、折り返しが近い証拠。このへんになるとどういうわけか追い風から横風、さらに若干の向かい風を感じるようになった。ひょっとして後半は風向きが変わって、後半も追風?との淡い期待も、、

中間点 1:26:15

追い風のおかげではあるが今シーズンのレースでは最速タイムで通過。ハーフを超えてちょい先を折り返す。すぐにTキさんを発見、ほとんど差がない。トミケンさんはどこかな?と探すけど、見つけられず、、、そのうち仙人みたいな髭の風貌のヨノスケさんを発見、手を上げてご挨拶。こちら余裕なく。。

折り返してから強い逆風のなかを走らなければならないはずが、それほどでもなく。拍子抜け、、、ひょっとしてこのまま行ければ結構良いタイムが出るかもしれない。

25km 1:42:21 (この5km 20:21)

しかし25kmがなかなか来なかった。呼吸が苦しい時間がしばらく続いた後、心もちペースを落としたら、脚の筋肉がこわばってしまってさらにペースダウン。周囲の集団からひとり遅れ始める。さきに先行したピッチのよい女性ランナーにパスされる。どんどんおいてゆかれる。

30km 2:03:03 (この5km 20:53)

それでもタイムはまだ大丈夫。まだサブスリー関門には数分の余裕がある。自分と同じような失速ランナーと屍の行進。こうなるとコースが永遠に長く感じる。全然すすまない。おまけに前半は曇っていてくれた空から強い日差しが降り注ぎ、場所によっては強い向かい風。数か所ある上りでは、今にも歩きそうなスピードにがっくり落ちて、、ジェルの2個目を摂取。

35km 2:24:48 (この5km 21:45)

水門あたりの上り坂を止まる寸前のスピードながらなんとか踏ん張って、残り5kmへ。ここからもスピードは回復せず、とことん守りの走りで。「歩かない」だけが心の支え。

40km 2:47:55 (この5km 23:06)

フラットなラスト区間、残りもわずかなのだが脚を引きずるようにゴールを目指す。応援に知り合いもいないし(前回はバンバンのマリコさんがいてくれたが、、)。失速モード、目前に時計は見えたが58分も切れず、這う這うの体でゴールゲートへ辿り着きました。

Goal 2:58:02 (ラスト 10:05)

■レース後

わずか1分後に青いユニフォームのTキさんがゴール。ふたりともに失速走でしたが最低限の仕事ができたと健闘を称えあいました。シャーベット&水分を補給すれば失速しても開放感に包まれます。なんとかサブ3ゲット、歩かないで良かった。荷物受け取り、着替え、記念撮影。

さて気になるのはトミケンさんだけど来ないな~、着替えブースにいたらトミケンさん、肩を落として帰還。残念ながら13分オーバー。スタートロスが数分あってペースに乗れずにレースが終わってしまったとのこと。走力は十分なのでスタートさえうまく行けばサブスリーは大丈夫でしょう。しかし欲を言えば3時間一桁で走っておきたかったかな、、

その後はRCのお二人とはお別れして、高校時代の同級生ツトム君(西東京在住)との慰労会。彼も走り始めて3年、最近記録を伸ばして本日も4時間10分くらいのPBでゴールしたとのこと。蓮根駅そばの銭湯(紀の国湯:割引で200円)で汗を流して、ラーメン、そして新宿で一杯飲んでお別れしました。

今シーズンは、気温の高い秋マラソンで3時間切りに2回失敗、その後はサブスリーに復帰したものの、スピード、走り込みいずれも不足で自己ベスト更新の気配がありませんでした。それでも6レースにエントリーして3勝2敗1DNSなんとか勝ち越してサブ3も通算21回目まで伸ばすことができました。大きいのは打てないが単打を積み重ねてゆきたい。少し大きいのを狙える年齢もそろそろ終わりなので一勝負するなら来年かな、、、Tキさん、トミケンさん、参加のみなさま、お疲れ様でした。またお付き合いよろしくお願いします。

ゴールしてV
               TキさんとのツーショットV
(おわり)

板橋Cityマラソン(速報)2016/03/21 07:31

昨年に続いて荒川河川敷を走ってきました。風が強かったけどコンディションとしてはそれほど悪くなかったと思います。結果は最近の調子の悪さのまま後半失速。歩かないように進むのが精一杯。ギリギリサブスリーでした。

日時 2016年3月09日(日)スタート9:00
記録 2:58:01 (ネット2:57:45?)
5kmラップ
20:59-20:00-20:18-20:30-(1:26:15)-20:21-20:53-21:45-23:06-10:05